FC2ブログ

HEAD FIVE BOA 履いてみました。

IMG_2733.jpg
HEAD FIVE BOA 履いてみました。

普段 HEADの SEVEN BOAを履いているのですが、SEVENに比べると底がフラット(SEVENは少し踵が上がっている)ですが、踵のフィット感はSEVENと同じでかなり良いです。

締めても締めても締まらないブーツ・締めたら痛くなるブーツ・・・ありますが、締めたい分だけちゃ〜んと締まってくれるブーツです。当たり前のことですが、ブーツの良い悪いの大きなポイントです!!! 心地良くちゃんとフィットするのが良いと思います。

BOAで締める面積の割合が、
SEVEN 下から3分の2ぐらい + シングル パワーストラップ
FIVEは 下から半分ぐらい + ダブル パワーストラップ
なのですが、
FIVEのダブルのパワーストラップが上手く機能していて、素早く好みのフィット感の調整が可能です。

また、ツーピース構造のSEVENは、つま先方向への膝の動きが 硬すぎずスムーズにできて横方向はしっかりとサポートしてくれる スピード域の高いフリーラン重視のブーツです。

FIVE は、ワンピース構造なので 360°の方向に足首の自由度が高い(といってもしっかりホールドしているのでグニャグニャではありません。)ので、フリーラン・トリック・パークとオールラウンドに使えるブーツです。

どちらのブーツもインナーを熱成形する前から、足首フット感がかなり良く85点ぐらいの履き心地ですが、 さらに熱成形して自分の足にして100点⤴︎120点を目指せるブーツです。

お問い合わせは、
Jamming 担当 Yan 深谷
tel 0798-40-5931
mail yan@jammingcrew.com


HEAD FIVE BOA
¥40,000
23.0cm〜31.5cm
IMG_vv2737.jpg IMG_2735.jpg



HEAD SEVEN BOA
¥55,000
23.0cm〜31.5cm
IMG_27uu39.jpg IMG_2cc734.jpg
IMG_uu2738.jpg IMG_2uu742.jpg
IMG_27uu41.jpg

カラーオーダーできるスノーウエア受注会&BOOTS 試履会 開催中!!!!

IMG_2650.jpg
カラーオーダーができるスノーウエア "Mountain Surf equipment"試着&受注会をJamming店内で9日(月)まで行なっております。
細すぎず、太すぎず 日本人の体型にぴったりのスノーウェアです!!!

ジャケット 3モデル
パンツ  2モデル
ビブパンツ 2モデル
から、生地カラー8色 から最大14色(モデルによって違います)
ファスナー17色から組み合わせができるのが最大の特徴!!
すごく迷ってしまいますよ!!!

この受注会での特典として
現金でのお支払い 10%オフ
カードでのお支払い 5%オフ
msrrr.png

Mountain Slope↓
マウンテンサーフ ホームページ



カービングブーツの試履会も 同時開催中です!!
HEAD SEVEN BOA / FIVE BOA
North wave boots PROPHECY / DOMAIN / DECADE / EDGE / DEVINE / DOMINO
UPZ alpine boots RC11 AT8
Mountain slope Aシェル & Bシェル

DRAKE binding Supersport / Reload / Fifty / Jade


試履会には、マイソックス・マイインソール・マイインナー・マイシェルを持ってきて頂くと、いろんなパターンの試履きができますので。少しお荷物ですが、持ってきてください。

ご来店お待ちしております。

お問い合わせ
tel 0798-40-5931 担当 Yan 深谷
mail yan@jammingcrew.com





IMG_2648.jpg IMG_2651.jpg



UPZ Alpine boots AT8 コストパフォ—マンス高し!!

IMG_2280(変換後)(変換後) IMG_2281(変換後)(変換後)
アルペンをやってみたい!!
昔やっていたが、bootsが壊れて・・・
若い頃のようには、ガッツリ滑りません。

という方に お奨め 少し柔らかめの ALPINE BOOTS UPZ AT8 です。
カラ— ブラック   
お値段 税別 ¥74,000


上位モデルのRC12(お値段税別¥106,000) / RC‐R (お値段税別¥122,000)と
まったく
同じインナー 純正 FLOインナ—熱成形可能 (単品価格税別¥39,000)
同じバックル(バックルの数がAT8は4つ・RC12/RCRは 5つ)
同じ 4段階調節可能な ダブルスプリングのフォア—ドリンシステム
同じシェル形状 (まわりの硬い樹脂部分の素材がAT8はポリウレタン・ RC12/RCRはポリアミド12)


シェルの硬さが少し柔らかい設定になっていて
素材が違うのとバックルの数が違うだけ
上級モデルとフィット感は同じなのです!!!!

初心者の方にはしっかりフィットしていて、なおかつ硬すぎずに動けるブ—ツを履くことが上達の近道ですので、
このAT8がお奨めなのです。


UPZの良いところは、硬さを調整できる チュ—ンナップパ—ツが買い足せることです。
ソフト (レッド)
ノ—マルの ミディアムタン(黒)
ハ—ド  (シルバ—)
ス—パ—ハ—ド (グレ—)

そして 物足らなくなったら RC12 ステップアップしていくのが 良いと思います。

RC12 / RCR は ワ—ルドカップ選手や、プロ選手が好んで履いているものです。
自動車教習所出たばっかりで、300馬力のスポ—ツカ—は乗りこなせないですよね。

段階を踏むことが上達の近道ですよ!!

5月10日(木)〜5月14日(月) Jamming店内にて、大試履会 開催中〜です!!





IMG_2282(変換後)(変換後)IMG_2283(変換後)(変換後)

IMG_2284(変換後)(変換後) IMG_2286(変換後)(変換後)
IMG_2285(変換後)(変換後)


New North wave フルモデルチェンジ!!

'18/'19 model Northwave snowboard bootsは、フルモデルチェンジ!!!
IMG_2297(変換後)(変換後)

17/18モデルとは、まったく別物の最新型!!!
大改良され、包み込み能力がアップ!!
フィット感と 快適さが 向上しました。

5月10日(木)〜5月14日(月) Jamming店内にて、大試履会 開催中〜です!!

ぜひこの機会に ご来店&お試しくださ〜い!!!

改良ポイント 1
アッパ―部・ロア部の締め分けが出来る、スピ―ドレ―シングシステムの滑車が小さくなり、大きな滑車が邪魔してこわばっていたロアシェルの包み込みが良くなりました。
IMG_2272(変換後)(変換後) IMG_2273(変換後)(変換後)



改良ポイント 2
ロアシェル前足部 レ―シングシステムの始まる位置が少し足首側からになりました。 昨年モデルより指先が少しゆとりがあるように感じます。
IMG_2269(変換後)(変換後)


改良ポイント 3
タン上部にある、スピ―ドレ―スのロックシステムの位置が高くなりました。レ―スが通る導線がスム—ズになり、締めやすく・緩めやすくなりました。
IMG_2270(変換後)(変換後) IMG_2271(変換後)(変換後)



改良ポイント4
昨年モデルまで、ロアシェル 足首部分にあった、『540°ヒ—ル リテンションシステム』(ロアのレ—スを引っ張ることにより、踵脇を介してタンとつながっているベルトによって、タンを踵方向に押しつけ踵のホ—ルドを良くする機構)は、非常に効果的なシステムであったのですが、足首が細かったり、使い込んでいくうちに足首屈曲部の前でベルト先端の樹脂が接触してそれ以上締まらなくなったり、痛みが出たりしました。
新しい、『CAB5』は『540°ヒ―ル リテンションシステム』を発展させ、ベルトから細いレ—スに変えロアシェル内に内蔵したことによって摩擦が少なくスリムにコンパクトになってフィット感が向上しました。

IMG_2274(変換後)(変換後) IMG_2277(変換後)(変換後)

改良ポイント 5
ロアシェルの縫い目を減らし、水の浸入を防ぐ努力がされています。
IMG_2272(変換後)(変換後) IMG_2273(変換後)001(変換後)



『F2 ブランド輸入終了』について

『F2 ブランド輸入終了』について

長年にわたりF2ブランドを輸入していた、ウィンクレル(株)が2018年6月30日を持って代理店業務を終了すると発表されました。

日本の他の会社が手を挙げなければ、国外では製造販売されていても日本には正規ル—トでは入らなくなります。

JSBAの公認大会には公式用具で出場しなくてはいけませんが、2018—2019年度は、ウィンクレル(株)が公式用具の登録料を支払うために問題無く使うことが出来ます。 

※日本スノーボード協会(JSBA)公式用品とは、JSBAが公認する事業(G2・G3・エキシビションを除く競技会、バッジテストを除く検定会、BC雪崩セミナーを除く講習会、テクニカル選手権、TRI-X等)に出場するときに使用しなければならない用具(現在はスノーボード、バインディング、ブーツ)のことをいいます。

JSBA関連の事業に参加しなければ関係のない話しではありますが、ボ—ドやバインディングもいつまでも安全に使えるとは言えません。
F2 Race Titanium Bindingは、アルパインバインディングのシェアはトップだと思いますし、
慣れ親しんでいる使い心地・セッティングから別ブランドに乗り換えるのは苦労しますね。

2018—2019
kesslerブランドから、K.Tech Alpine ttanium Binding S/M/L ¥38,000 が発売されます。
KTech_Alpine_Titanium.jpg kessler_bindings_900x600 (2)



Oxess ブランドから、Oxess Bindings S /M /L ¥36,000
oxess-1.jpg gggggg.png





この2機種は、F2社に依頼して製造してもらっている OEM で ブランドロゴ以外は F2 Race binding そのままです。

もちろんF2の カント・リフトその他パ—ツも そのまま使えますので一安心です。

2ブランド共に ご予約受付中です!!




お問い合わせ・ご注文は、こちら!!!!!!

mail yan@jammingcrew.com

tel 0798‐40‐5931 担当 Yan 深谷 まで。


※F2が潰れたのではありません。
2018‐2019 international catalog
日本に入って来ない 2018‐2019 F2 bindings きれいな blue !!(泣〜!!!)
日本には入って来ない2018‐2019 modelのF2 binding







続きを読む

プロフィール

YanJam

Author:YanJam
.
The Shop Jamming

兵庫県西宮市若草町2丁目11-4

TEL 0798-40-5931
FAX 0798-40-5932

URL http://www.jammingcrew.com/

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧いただけます。
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク