F2ブランド JSBA公式用品の使用期限について!!毎年確認を!!

F2 bd




先日、『F2 ブランド輸入終了』について のblogに書きましたが、F2ブランドの使用期限について詳しくウィンクレル(株)さんに
きいてみました。


そもそも、日本スノーボード協会 公式用品委員会とは?

日本スノーボード協会(JSBA)公式用品とは、JSBAが公認する事業(G2・G3・エキシビションを除く競技会、バッジテストを除く検定会、BC雪崩セミナーを除く講習会、テクニカル選手権、TRI-X等)に出場するときに使用しなければならない用具(現在はスノーボード、バインディング、ブーツ)のことをいいます。
協力用品(スノーウエア、グローブ、アイウエア、スノーボー小物、ワックス/チューナップ、ヘルメット、プロテクター)は使用用具の制限の範囲ではありません。
公式用品/協力用品は、スノーボードの健全な発展と普及を目的としているJSBA組織の、企業によって構成している公式用品委員会に登録しています。
この公式用品委員会は、企業が JSBAに協力していく事を目的とし活動しており、
登録には毎年度の登録料が必要になります。

《JSBA homepageより》
詳しくは、JSBA homepageで!!



この登録料を、'17 / '18 まで、ウィンクレル(株)が F2ブランドを登録してましたが、

'18 / '19 から F2ブランドの輸入をウィンクレル(株)が辞めますので、 '18 / '19シ—ズンは、 日本スノーボード協会(JSBA)が ユ—ザ— 保護の為に1シ—ズン認定することとなります。

'19 / '20 は、ウィンクレル(株)が F2ブランドを愛用してきたユ—ザ— の為に 1シ—ズン分の登録料を払う予定です。

'20 / '21は、再び日本スノーボード協会(JSBA)が ユ—ザ— 保護の為に1シ—ズン認定することとなります。

このパタ—ンで、最大3シ—ズン使用可能になります。


ただし、それまでに「F2ブランドをやります!!!」って言う会社が現れれば、その会社に引き継がれます。
※その会社が公式用具に登録した場合。











F2ブランド JSBA公式用品 使用期限 について 訂正します!! 毎年確認を!!


2018年4月23日の投稿で、F2ブランド JSBA公式用品 使用期限 について書きましたが、
 訂正したいと思います。


'18 / '19 から F2ブランドの輸入をウィンクレル(株)が辞めますので、 '18 / '19シ―ズンは、 日本スノーボード協会(JSBA)が ユ―ザ― 保護の為に1シ―ズン認定することとなります。

ここまでは、過去の事例から 問題無いようです。

公式用品を認定をする会議が年度間ごとに行われます。
もし会議でOKが出ない場合は、公認用品として使えないことになります。

'19/ '20 以降は、会議次第となりますので 100% OK とは言い切れないと言うことですので、

F2ブランドを継続して使われる場合、最新版のJSBA公認用具リストをご確認お願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YanJam

Author:YanJam
.
The Shop Jamming

兵庫県西宮市若草町2丁目11-4

TEL 0798-40-5931
FAX 0798-40-5932

URL http://www.jammingcrew.com/

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧いただけます。
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク