FC2ブログ

マニアックな上級者の為の・・・ HEAD SEVEN BOA

IMG_9514.jpg
マニアックな上級者の為の・・・ HEAD SEVEN BOAのご紹介です!!

head snowboardsの15-16モデル
「SEVEN BOA』 head snowboardsのテクノロジーを搭載させた世界最高峰のモデル  税別¥55,000

カービング・テクニカル・フリーライディングにお奨めのフリースタイルブーツでございます。
僕自身、'14-'15model HEAD SEVEN BOA 履いておりまして、非常にフィット感が良くライディングに集中できるので気に入っております。


【お奨めポイント1】
2ピース構造(カフカット構造)
IMG_9533.jpg
多くのフリースタイルブーツが1ピース構造なのですが、 写真でわかるように足首に切れ込みが入っていて 上と下がわかれている2ピース構造をしています。
2ピース構造の代表的なものとして、BURTON SLX Northwave Decade そして HEAD SEVEN BOA !!(HEADの2ピース構造の歴史は長く元祖でないのかな!?)

ブーツを履いて足首を曲げると、1ピース構造のブーツの足首付近の両サイドが横に膨れるのがわかると思います。普通に立っていると綺麗に包み込まれている1ピース構造のシェル(外側の硬い部分)ですが、足首を曲げることによってシェルにヒズミ(逃げ場を失って)ができて横に膨らんでしまうのです。
2ピース構造の場合、足首部分に切れ込みを入れることによって足首より上部、足首より下部の締め分けがハッキリできヒズミが起こりにくくなり,良い包み込みのままライディング運動ができるのです。SEVEN BOAは、くるぶしの位置を考慮し、内側と外側で高さを変えた非対称カフカットにより、高いフィッティングのままスムーズにブーツがたわむよう設計して いるのです!!前(つま先)方向にはスムーズに動き 横方向にはしっかりしているのが特徴です。

また、1ピース構造で剛性をだそうとするとシェルに硬い素材を使うのであるが、構造上 包み込みが悪くなったり 補強の素材が使っている間に割れて剛性に大きな変化がでます。包み込みが良く、硬さに変化がしづらいのも 2ピース構造のメリットです。

【お奨めポイント2】
まさにパーフェクト!!パーフェクトフィットライナー!!
このパーフェクトフィットライナーは、熱成形することによって、フィット感が体感できます。
IMG_9516(変換後)(変換後) IMG_9517.jpg
人間工学に基づいて左右非対称に作られたインナー  ベルクロによってつま先のフィット感を調整可能

IMG_9520(変換後)(変換後) IMG_9519(変換後)(変換後)
シンプルで緩みの少ないインナーレースロック  インナー上部のパワーベルトは好みで取り外し可能


IMG_9518(変換後)(変換後) IMG_9529(変換後)(変換後)
パワートランスミッションチップによって、つま先上部のボリューム調整が可能


【お奨めポイント3】
BOA & プログレッシブ・パワーストラップでガッチリ!!!
IMG_9535.jpg
ワイヤーを使ったBOAシステムは、小さな力で強く締められること・微調整ができること・素早く開放できること・丈夫でトラブルが少ないことが特徴!! 最後のトラブルが少ないというのは、使い方によって差がでますので、使い方を理解した上級者であればワイヤーが切れたりすることはかなり少なくなります!!!

IMG_9536.jpg IMG_9522.jpg
締めやすくフィット感が良い長さへ調整が可能なプログレッシブ・パワーストラップで ブーツタンとすね部を一体化し足首上をしっかりと面で包み込みます!!

【お奨めポイント4】
防水性へのこだわり
IMG_9525.jpg IMG_9524.jpg
極力縫い目を少なくしてスムーズなデザインが防水性に大きく貢献している。甲のフラップが雪の進入を防ぎエッジからワイヤーを保護している。


何がマニアックなのかは、調整機能が多くインナーをサーモ成形した後に、ユーザー自身の理想のフィット感にいろいろと調整がいるところです。 僕自身サーモ成形した後にベルト類の調整とボリューム調整のためにインナーとアウターシェルの間にスペーサーを自作して、'13-'14シーズン履いていた、NorthWave Decadeを上回るフィット感を実現し昨シーズンはトラブル無く調子良く使うことができました。  御値段は少し高めですが、僕にとっては現在最高のブーツです!!!

今期、Jammingでは 僕と Rider kumaこと 東 佳奈子が、 Head SEVEN BOA を履きます。


お問い合わせ・ご相談は、
The Shop Jamming 担当 Yan 深谷まで

tel 0798-40-5931
mail info@jam-webshop.ocnk.net

参考資料












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YanJam

Author:YanJam
.
The Shop Jamming

兵庫県西宮市若草町2丁目11-4

TEL 0798-40-5931
FAX 0798-40-5932

URL http://www.jammingcrew.com/

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧いただけます。
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク